こもれびの森エリアをベースにしたアート・プロジェクトとアート・クラスのお知らせ
by kcbac
カテゴリ
お知らせ
about
日記
こもれびの森のアトリヱ
コミュニティ・ミューラル
ウォーキング・クラブ
FOOT PRINTS
お問い合わせ
以前の記事
リンク
富田俊明 website
Heart Mountain


2009©toshiaki tomita
All rights reserved.
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
ブログパーツ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
centre's first step would be...
b0173554_15101025.jpg
古淵駅前のミスドによく行きます。
アーツ・センターの構想も、ここでボーっとしているときに、ふとやって来たんでした。
この夢を追いかけて、ここまでやってきました。

今日も、O大学のH教授を訪ねた後、ちょっとコーヒーを飲みに。
ここにいると、いろいろとノートにアイディアを落として行けます。
Hさんとお話ししたあと、湧いてきたことを書きつける。
すると、何となく、最初のアクションが見えてきました。
うん、これで行けるかもしれない。
[PR]
# by kcbac | 2009-04-30 15:10 | 日記
forming centre's advisery committee
今日は、近隣のO大学に、『泉の話』制作のときにお世話になったHさんを訪ねました。
新しい校舎の、風通しのよい明るい研究室で、Hさんは以前と変わらずお元気そうです。

お話してみると、いろいろと興味や関心の重なるところがあり、
楽しい時間でした。
やっぱり、異分野の専門家と交流すると、視野が広がり、
自分のやろうとしてることの意義も明確になってきますね。

いくつか、リソースを教えてもらえたので、
また人と場所を訪ねて、しばらくは「わらしべ長者」状態が続くかもしれません。
そろそろ、企画書もきっちりと書いていかないと。
「about」のところに、もっと明確なマニフェストを載せられる日も近いです。

地域を舞台にした巨大なアート・イヴェントが近年目白押しですが、
著名なアーティストを招くやり方は、地域を額縁もしくは背景にしてしまう危険があると感じます。
ぼくがやろうとしてることは、これとは似て非なるもの。
これまでのフィールドでの経験から、大切と思うところを押さえてやっていきます。
これだと、アーティストとしての自我を押し出していくのとは別の回路なので、
けっこう分かってもらうまでに、悔しい思いもしていかなければならないかもしれない。
でも、ここを潜らないとたどり着けない場所がある。
そう思うので、しばらくは地に伏せりながら、道なき荒野の草の匂いに包まれての道行を行くことになりそうです。
[PR]
# by kcbac | 2009-04-30 14:40 | 日記
komorebi no mori
b0173554_018228.jpg
今日は気持ちの良い日でしたね。
こもれびの森をちょっと歩きました。
芝生広場は、昨日の雨風で、桐の花の絨毯になってました。
散歩の人たちみんな不思議そうに、花柄の由来を探して空を見上げてました。b0173554_0182091.jpg
b0173554_0183345.jpg

[PR]
# by kcbac | 2009-04-27 00:20 | こもれびの森のアトリヱ
komorebi no mori no atelier
昨日は、博物館の帰り道、由野台のあたりをぶらぶらと歩きました。
けっこう、大きなお宅が多いんですね。
そのなかに、やたら木が生い茂った一角が。
よく見ると、どうやら、版画家の方のアトリエみたいでした。
絵画教室もやってるみたい。
とにかく場所の雰囲気がよく、感心しました。

やっぱり場の雰囲気は大切ですね。
とりあえず、こもれびの森のアトリヱは、
不定期に、ワークショップのようなかたちでやっていこうと思っています。

昨晩は写真家のMくんといろいろと話していて、
場所のアイディアもいろいろ出て、夢が膨らみました。
[PR]
# by kcbac | 2009-04-26 11:13 | こもれびの森のアトリヱ
a leading figure of our walking
b0173554_8563167.jpg

このひとにはいったい何が見えていたんだろうナ。b0173554_855877.jpg
昨日、久しぶりに会いました。
相変わらず、博物館のおなじ場所で、おなじ姿勢だった。
この土地を歩く、と言ったときには、
忘れることのできないひとです。
一遍さん。b0173554_856521.jpg

b0173554_8564172.jpg

[PR]
# by kcbac | 2009-04-26 08:57 | ウォーキング・クラブ